So-net無料ブログ作成

元サッカー日本代表「中田英寿」勝ち組男の今現在の年収とは?(その1) [年収]

~年俸が良いだけでなく、現役時代から経営目線も長けていた「中田英寿」。
引退から8年、今なお億単位の稼ぎを得ると言われる、その手腕とは?~


こんにちは。

2006年に29歳の若さで引退をした、
元サッカー日本代表の「中田英寿」。

サッカー選手の引退後は、ライセンスを取得し、
監督やコーチとしてサッカー界に携わる方が多い中、
中田は引退後、世界各国を放浪するなど、
その動向について世間の注目を集め続けてきた。

選手時代には、最大で「年収13億円」稼いだ
とも言われている。

そんな中田は経営面での手腕も優れていて、
サッカー選手を引退した今でも
毎年、億単位の収入があるのだとか。

まさに、人生の勝ち組を象徴するかのような活躍を続けている。
一体どのようにして、サッカー選手を退いた今なお、
そんなにも大きな収入を得続けているのか??

今日は、そんな中田英寿の「現在の収入」についての話である。



【選手時代、中田英寿はいくら稼ぎだしたのか?】
下記の表とグラフは、中田英寿がサッカー選手として得た年俸と
年収の推移を表している。
(赤線が年俸、青線が年収。横軸に年齢、縦軸に報酬額。)
nakata_nensyu_matrix.gif
nakata_nensyu_grafh.gif


中田は1995年、18歳の時にベルマーレ平塚と
プロ契約を交わし、プロサッカー生活をスタートさせる。
各年代の日本代表で活躍するなど、名を馳せていた中田は、
プロに入ってもその評判通り、メキメキと頭角を現していく。

そしてプロ4年目の1998年、
イタリア「セリエA」のペルージャからオファーを受け移籍
移籍金は、当時、日本人へのオファーとして破格
5億2000万円」の値が付いた。


スポンサーリンク





ペルージャへの移籍で、21歳の時中田の年俸は8100万円まで上昇、
移籍と合わさるように3社とのスポンサー契約を交わすなど、
この時の年収は「4億円」超えと言われている。


そこからイタリアで中田の実力が認められ、
イタリアの中では弱小チームであった「ペルージャ」から、
名門チームである「ローマ」へと渡り、
イタリアリーグ「セリエA]を制覇。

この時、中田英寿の評価はサッカー人生最大のものとなる。
移籍金「32億円」、年俸「4億円」の超大型契約で、「ローマ」から「パルマ」へ。

加えて、出版本の印税、スポンサー契約(コマーシャル出演)や
日本代表での出場給などを合わせ、2002年
25歳の時にキャリアハイとなる、総額「13億円」もの年収を得たと言われている。


【次ページ】: 元サッカー日本代表「中田英寿」勝ち組男の今現在の年収とは?(その2)


スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。