So-net無料ブログ作成
検索選択

中田英寿ブログ、全盛期の中サッカー選手を引退した真意とは(その1) [引退]

こんにちは。

いよいよ今年の6月より、
FIFAワールドカップ ブラジル大会が始まります。

この大会、5大会連続5会目の出場となる日本は、
果たしてどのような戦いを見せるか、今から楽しみですね。

前回大会では、第三国開催でのワールドカップで初めてグループステージを突破
ベスト16で惜しくもPK戦で破れてしまいましたが、
今やアジアチャンピオンである日本、
海外に渡り経験を積んだ選手たちも多く、どんとんと実力をつけています。
今大会、必ずや素晴らしい結果を残してくれると思います。


今となっては当たり前となった、この、
日本人プレーヤーの海外チーム所属

特に近年では、

香川真司マンチェスターユナイテッド
本田圭祐ACミラン
長友佑都インテルミラノ)など、

世界有数の欧州ビッグクラブに所属することも
実現できるようになってきました。


スポンサーリンク





これは、選手の実力があることももちろんそうですが
世界での日本人の評価がこれまでと比べて
圧倒的に上がってきたこと、
そして、その評価を上げたのが、他でもない
中田英寿」が、その実力を魅せつけたから。

だと、私は思います。


中田は1998年、21歳でイタリア「セリエA」のペルージャに移籍します。
移籍金は5億2000万円
世界的には、まだ発展途上とされている、
日本人、日本クラブに支払われる金額としては破格でした。

過去、日本人選手のセリエA挑戦としては、
三浦和良(ジェノバ所属)がありましたが、
満足に結果を残すことができず、
日本人がイタリアで成功した例はありませんでした。

そんな中、中田は移籍1年目から
33試合に出場し、10得点をあげるなど
弱小チームにある中、主力として孤軍奮闘の活躍で、
イタリア中にその実力を認めさせました。

それから1年あまりで強豪「ローマ」へ移籍
1年前に5億2000万円だった移籍金は、ペルージャでの活躍により
17億円にまでのぼりました。

強豪ローマの中にあっても、中田のプレーは凄みを増し、
2000-2001シーズンには、日本人で初めての
「セリエA優勝メンバー」となるまでに至りました。


【次ページ】: 中田英寿ブログ、全盛期の中サッカー選手を引退した真意とは(その2)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中田英寿ブログ、全盛期の中サッカー選手を引退した真意とは(その2) [引退]

そんなサクセスストーリーを駆け上がった中田は、
2006年29歳の若さで現役を引退します。

今なお、全盛期であったこの29歳というタイミング
なぜ、中田英寿は引退を決意したのか。


その心境を、中田はブログにこう綴っています。(以下、内容抜粋)

--------------------
8歳から始めたサッカー」という旅
その旅は20年あまりにもわたり、
始めたころに自分では想像していなかったほど
大きなものとなった。

(引退の)半年ほど前から、このドイツワールドカップを最後
プロサッカー界から引退するということを決意した。

引退することについて色々と思うことはあるが、
いま一番ある気持ちは、プロサッカーという「旅」から卒業し、
『新たな旅をしたい』という気持ちだから。

1つ心残りがあるとすれば、
日本は強いのに、それを発揮しきれない
どこか自信につながらなかったこと。
(この大会、日本は2分1敗で予選敗退)

そんな思いがきちんとみんなに伝わっていないのではと
悔しい気持ちでいっぱいだったが、
(中田へのメール・手紙を読んで)
ファンのみんながその気持ちをわかってくれていたから、
この先の日本サッカーについて何も心配していない。

俺は、安心して次の旅へと進むことができる。

みんな、これまでの応援、ありがとう。
--------------------

原文をご覧になりたい方はこちら



サッカー選手という、それを出来る人も出来る期間も、
限られた特別な仕事をまだ続けられる中、

次への道を見据えて、サッカーという旅を終えた中田。


スポンサーリンク





この時すでに、サッカー選手でありながら
自分が何をすべきか・したいのか
ということを頭にイメージ出来ていたからこその決断だったんですね。


『中田英寿』他にもこんな記事があります
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。